奥武山公園プール

昼まで寝て、沖縄ソバを食べ、huluで映画を見てのんびり。

16:00くらいから公園周回で緩めインターバル。1000を4'30で3周回。暑い。暑すぎる。汗が滝のようだ。那覇の夕方を舐めたらいけない。

たまらずプールへ。長水路サイコー!

1000mほど流す。力を抜けば6ビートをキープできるようになってきた。意識しすぎると固くて疲れるから、流れに逆らわないようにパタパタと打つ。蹴ろうとするよりも上手く足のまわりに流れが食いつく感じがする。三種ともに、力をうまく抜くことが大切なんだなあ。

調子に乗り、板キックを400ほど。さすがに疲れた。その後は左呼吸のみスイム、左手プルで左右のバランスを整えるドリル。

2000ほど泳いだか。あー、気持ちよかった。

夜はハンズでステーキ。最高の那覇ステイ。

多摩スポーツセンター

足がダルい。さすがヒゲ練のダメージは大きい。ということで、雨も降ってるし、多摩スポセンへ泳ぎにいく。

 

まずは歩く。バイクの足を上げる時のイメージで腿上げウォーク。腿ではなく、腸腰筋やケツの筋肉を使うイメージ。

 

次にバタ足。徐々に6ビートに慣れてきたか。意識せずともパタパタと滑らかに打てるようにイメージ。

 

スイムは左手プル、息継ぎ強化。バランスが悪いので右にビート板を持ち左手プル。これをやってから泳ぐと、左側が意識されてよい。

 

帰って差し替え、深夜貨物。がんばりましょう。

ヒゲ練、都留

7:00矢野ロー。遅刻気味で焦る。いつも遅刻。メンバーに対する敬意が足りない。慎むべし。

 

今日のテーマは、前日に仕込んだメダリストジェルボトルが使えるか確認。

 

浅川経由ではなく、ゼブラ坂を下ってそのまままっすぐいくコース。ゼブラ坂から先の道が狭くて車とバトる。あまり好きな道ではない。

やまなみ温泉で小休止。あとは都留セブンまでノンストップ。雛鶴峠までのアップダウンかつ緩い登りを淡々とマイペースで登る。

セブンで昼飯。ジェルで補給していたので、あまり摂らないようにするが、ざるそばを勧められ、ついつい食べてしまう。

ジェルでもけっこう満たされる。当たり前か。

 

帰りも同じ道を帰る。やまなみ温泉で休憩、ゼブラ坂手前セブンでトイレ休憩。尾根幹で先頭交代。ラストのハイペース。死亡。出しきれた!

解散場所のミニストップで食べた巨峰ソフトが美味しかった!

 

帰宅後、ブリックラン3km。5'30ペース。これでどこまで粘れるか…だな。

尾根幹周回、夜スイム

前日たくさん寝たので、風邪はなりを潜める。大丈夫そうかな。

 

便乗を早め、昼には帰宅。

尾根幹周回へ。今日はいつものコースにプラスで距離を伸ばす予定。

追加コースの恵泉裏に激坂発見。斜度がきつすぎてもはや練習にならないくらい。49km。

 

帰ったらやっぱり熱っぽいから少し寝る。

翌日ヒゲ練に備え、補給のボトルを準備して夜スイムへ。

メインは300×5。4'55。奇数スイム偶数パドル。パドル苦手としては苦しい周回だった。平均100を1'35の4'45くらいで回る。

前の2人が早すぎた。

尾根幹周回、ヨネ公園ランからのスケチェン

朝9時くらいから尾根幹周回へ。とにかくバイクに乗らなければ!サクッと乗って、ヨネ公園を3kmラン、ブリック完了!

スタンバイ出社の準備中に電話、DH関空だと。DHのみなので、自家用車通勤すべく遅い便に変更する。なんだもっと長く乗れたな!

朝スイムのちエマ訓

朝スイムへ車で。ギリギリまで寝て高速使う。川崎から池尻まで。だいぶ短縮になるが、高速代は360円。これをどうとるか。

朝スイム後にすき家で朝食、訓セまで下道で約1時間。無事間に合う。

名栗2日目

f:id:ichiro630:20170623121911j:image

 

ステムを戻してもう一度名栗へ。

やはりいい感じ。まだ前傾がうまく取れないんだなあ。体幹弱いわ。

昨日の疲れもあるのでのんびりライド。行きに多摩川ワイズに寄りたかったが、なんと12時から。

途中腹が減り、セブンで休憩、名栗茶屋で折り返す。帰りは多摩川手前セブンで休憩、ワイズで補給入れを買う。トップチューブ上は取りやすいが、ダンシング時に引っかかるか。パンツの裾が両面テープに擦れて生地が痛む。ロングだけだしやむなしか。