雨、降らず、ペダルズ

雨予報だったので、峠練をキャンセルし、ペダルズ。

雨降ってないし。

気を取り直して10時からペダルズ。

仲間が4人そろったがそれぞれ別メニュー。笑

はじめてイヤホン使ってドリルをやったが、集中できてよい。

メニューは「The Best Things In The World」

レースをシュミレートしたメニューでケーデンスとパワーがコロコロ変わるが、飽きさせずあっという間。ふた山で47分。長すぎず、強度も高くサクッと高強度という場合に最適。

仕事ののち、ペダルズ

f:id:ichiro630:20171118155916j:plain

21時からペダルズ。

夜遅いのに対応していただき感謝。

メニューは「ELEMENT OF STYLE」38min

ペダリングの基本を学ぶドリルでしっかりと良いペダリングを意識できるのでとても良い。

その後追加で「THE LONG SCREEM」35min

これはやりすぎた。

所望のパワーがキープできない。笑

ラスト8minだけしっかり上げて終了。

仕事終わりなだけにサクッと終わらせるはずが1時間以上も乗ってしまった。

は、ハムが・・

ペダルズ

10時から4人でペダルズアップ。

10時ギリギリに着くと、準備に15分くらいかかるから、20分前くらいの到着がベストか。

メニューはTHE SHOVEL。ふた山あり、ショベルの形のように真ん中を境に強度が前後対象となるメニュー。前回よりもシステムを理解しているし、しっかり所望の値が出せるように集中。1+15のメニューをしっかりこなせた。

楽しいな!

ペダルズアップ

雨でロングライドはキャンセル。

仲間の誘いでペダルズアップで3時間メニューをすることに。

朝寝坊して電車のはずが車に飛び乗り、近くの駐車場に停めギリギリ約束の時間に。

着替えて準備してFTP相当値を計測する。

少しずつパワーを上げていき、会話ができなくなってきたところで終了するという計測方法。FTPは220くらいだった。そんなもんかな?

それに応じたパワーチャートを目安に、メニュー開始。

レースシーンに応じたパワーとケイデンス、時間で必死にこぐ。レース形式で様々なメニューがどんどん出てくるから楽しい。

が、半分過ぎたあたりから、ハセツネで痛めた膝痛が再発しはじめ、右のパワーが出せなくなり苦しい。ラスト1時間は、所望の値が出しきれなく苦労したが、苦しい楽しい。

なんとか3時間メニュー終了。疲れた…

シャワーを浴び、気に入ったので即入会、システムを教わり、昼ごはん食べて解散。

これは楽しくなりそうだ。

ヨネ公園、夜スイム

筋肉痛が癒えてきたので、ヨネ公園JOG。だめだ。まだまだ痛い。4日も経つのに筋肉痛引かず。恐ろしやハセツネ。いや、おれが走ってないだけか。

 

夜スイム、まさかの50×20 2'00。36"2が最速、37秒台から落ちることがなかったのが何より。2年前くらいの計測見ると、初めは36で入っても、41くらいまで落ちてた。最初からがむしゃらに行かず、肩甲骨外旋し細く抵抗のないフォームを意識、教わった力強いキックを意識し、丁寧に泳いだら、タイムがまとまった。力を入れすぎたらいいというわけではない。当たり前な事を改めて認識する。

ヨネッティスイム

前回のレッスンを思い出しながらドリル中心に。

垂直跳びはターン後の姿勢をうまくとるために有効である。

また、命名うねうねドリルは、力強いキックを打つ感覚が得れる。キックを打った後の足を伸ばし、キックと反対側の足を逸らすクセを取り除くのも重要。

引き続き繰り返していこう。

横浜スイム

朝スイム。

引き続き、肩甲骨を外転のイメージで泳ぐ。しっかり押せる感じがする。

いそぎ帰り、一旦仕事。

仕事帰りにコンタクトを買う。医者オススメのワンデーオアシス。確かにつけ心地は良い。コストがかかるが。

帰宅後、夕食をとり、横浜のプールへ。車で行くも道中大雨。館内駐車場は満車だったので、近くのコインパーキングへ。700円。

 

スイムレッスンはドリル中心。以下メモ。

真っ直ぐ上にジャンプ。着地点をずらさない。けのびで15mは行くこと。
体軸を中心に回転させるドリル。手を胸にあて、キックだけで軸を回転させる。軸をぶらさないように注意、沈んだ側を打つ。内側にひねりこませるように内向き回転下方向に蹴る。腰が入るから強く打てる。

6ビートはその間に2回。1回真下。1回は蹴り上げ。
片手プルドリル。プルと同時に同軸足キック。挟み込むイメージ。入水と同時に対軸足キック。コーチ曰く、入水をスイッチに体を始動させるイメージだそう。

 

キックが弱い自分にとっては目からウロコのドリル。キックは直線的に打つのではなく、もっと自由に回転してよい。結果足の指同士が触れ合うイメージになる。